小金井発!芸術文化を書くこと/伝えること講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田徹「書くことは、生きること」

第1回「調べてみよう」  → 講座レポート講座ノート
はじめに「気づき」ありき。気になった、ほんの僅かなきっかけから、調査を始めて、視野を広げたり、問題を掘り下げてゆく・・・・、そんな調査方法についてまずは学びます。あなたとの出会いを待っている情報が、きっとどこかでひっそりと身を潜めている。文献資料の調べ方、インターネットの調べ方等々、よくある解説書とはひと味違う「書く」ために焦点づけた、実践的調査技術を分かち合いましょう。最後に「調べて書いてみる」小さな宿題を出します。

第2回「聞いてみよう」  → 講座レポート講座ノート
生きた言葉を記録できてこそ、文章にいのちが宿る。調査方法の王道としてのインタビューという方法について改めて考え、生きた言葉の聞き出し方を学びましょう。聞いているうちに聞き手も自分の胸の内をさらして話していた、そんな相互の生身のやりとりがあってこそ、インタビュー取材は本物になる。聞き役と聞かれ役の指定席が溶けあって、互いに気づいていなかった真実に思い当たってゆくプロセスの醍醐味を味わいましょう。最後に「聞いて書いてみる」小さな宿題を出します。

第3回「書いてみよう」  → 講座レポート講座ノート
調査が成功すれば、誰かに伝えたくなって、筆を持つ手を押さえる方が難しい。すぐにも書き出したい気持ちをしばしこらえて、調査結果を伝えるためのスタイルについて考えてみましょう。最も自由な表現方法である「ルポルタージュ」は、自由だからこそ書き手を挑発してやみません。どこまで書けるかは、どのようなスタイルで書くかと深く関係しています。ルポルタージュを素材に表現スタイルについて考えて、伝える力を研ぎあげましょう。最後に「ルポルタージュを書いてみる」宿題を出します。

→ 受講生作品

参考文献 
武田徹『調べる、伝える、魅せる!』(中公新書ラクレ、2004年)
御厨貴編『オーラルヒストリー入門』(岩波書店、2007年)
桜井厚『インタビューの社会学』(せりか書房、2002年)
上野千鶴子『構築主義とは何か』(勁草書房、2001年)
山田富秋『ライフストーリーの社会学』(北樹出版、2005年)
好井裕明、山田富秋、西阪仰編『会話分析への招待』(世界思想社、1999年)
佐藤郁哉『フィールドワーク増補版』(新曜社、2006年)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。